洗面台のリフォーム費用はいくらかかるの?

洗面台 リフォーム 費用

洗面脱衣室部分のリフォームの費用見積もりをお願いしてみました。

洗面台だけの部分に特化して見積もってみたのですが、
3パターンの見積もりを出してもらいました。

一つはショールームで見かけたお値打ちなシステム洗面台にした場合のもの、

もう一つはショールームで気に入った商品があったので
気に入った洗面台で見積もりしたバターン。

三つ目は到着洗面カウンターで洗面ボウルを選んで特注して
洗面のミラーなど収納も別の会社のものを選びました。

洗面台 リフォーム 安い

洗面台をお値打ちにした場合洗面台本体は15万円のものでした。

施工費用は配管の費用や床材の変更壁材の変更天井材などを含めて
30万円ほどかかりました。
合計45万円の費用になっています。

洗面台 リフォーム おしゃれ

ショールームで見かけたお気に入りの洗面台にした場合、
洗面台本体だけで50万円の費用になっていました。
施工費用は30万円だったので合計80万円のリフォーム費用になりました。

システム洗面台とはいえ好きなようにオプションや
棚を追加していくとそれなりの価格になる印象です。

(パナソニックのおしゃれな電面台がおすすめ)

洗面台 リフォーム おすすめ

特注のカウンターを作った場合なのですが、
カウンターの費用というのは20万円ぐらいで
洗面ボールや水栓、鏡の材料費については15万円ぐらいでした。

施工費用は30万円ほどかかっているので
合計65万円の費用になりました。

造作でお願いした割にはびっくりするほどの
費用になっていなかったという印象です。

洗面台 リフォーム 比較

3パターンを比較してみると
私的には特注の簡単作った場合が魅力的に感じました。

ただコストだけを考えるとお値打ちの本体価格のものが一番安かったので、
本当に価格を安くするというのが
洗面台のリフォーム費用を計算する上で
非常に大きな比率を占めるというのが分かりました。

キッチンのリフォームの時には収納の検討も大事

キッチンのリフォームで重要になってくるのはキッチンの形状になってきます。

キッチンの形状は l 型とかL字型やコの字型やアイランドの形状となど色々あります。

又キッチンリフォームにおいてはには収納の計画も大事になってきます。
鍋とか食器などを収納して家電を隠すようにするとかですね。

ゴミ箱を隠すようにする場所も欲しいところです。

あとは電子レンジとかオーブンとかですね。

そういう家電調理器具を置く場所が必要になります。

炊飯器や電気ポットやコーヒーメーカー、ホットプレートやトースターなど
様々な物を置かなければいけないので
きれいに収納する必要が出てきます。


(キッチンのショールームでは収納もしっかり見る。)

きれいに収納することでインテリアデザインをした場合に
デザイン性も高まってインテリアも綺麗に見えます 。

キッチンのタイプは対面式キッチンが多いように感じますが
L 型のキッチンや壁に壁を向けてキッチンを配置するのも
ダイニングが広く使えるので人気があります。

また最近はキッチンの横にダイニングテーブルを配置する
直列型の配置も人気のスタイルのリフォームです。

リフォームする時はキッチンの配置をどのようにするのか
キッチンの形状をどのようにするのかをまず考えていきたいですね。

マンションリフォームで出来ること出来ないこと

マンションのリフォームについてできることできないことというのがあります。

できることなんですけれども壁紙の張り替えとかですね。
あとは内部の建具を取り替えることもできます。

それから設置ですね。キッチン、浴室、トイレの設備を変えることもできます。

一応変える場合パイプのスペースとか経路の問題があるので
場所を変えづらいという場合があります。

そういった場合は床をかさ上げすることがひつようになり、
リフォームの時に配管経路を確保しなければいけないという場合があります。

できないこと言うのが外部の手すりを邪魔だから取り払うとか変えるとかでもできません。

それから今ついているサッシを変えるのはできません。

内側にサッシを二重にしてつけるとかはできる場合があります。

床についてですが下の階に音が伝わるとかの問題で
なんでもやっていいということはありません。

管理的に問題ない仕様であればリフォームできる場合もあります。

玄関ドアとかそういった防火にかかわる部品は変えられません。

内装の方が変えられるけれども
外部ドア自体の変更は基本的には認められないということになります。

防火の関係上マンションは全体で申請してあるので
同等の性能を持ってないと勝手にリフォームできません。

部屋の中の内装とか設備がおかしくならない程度に
リフォームできると考えていただければいいと思います。

リフォームのコストを抑える方法

今回はリフォームのコストを抑えるということについて話していきたいと思います。

コスト抑える方法の一つに設備のキッチンやバストイレ洗面台などの
価格を抑えるいい方法があります。

同じ性能のもので安く入れるという場合には
工務店やメーカーさんの得意なキッチンメーカー、
設備のメーカーを仕入れるということも一つの手段になります。

多くの商品を仕入れている場合、掛け率というのがあって
同じ性能のものでも安く入る場合があります。

具体的には例えばパナソニックを得意にしてる工務店、
TOTOや得意にしている INAX と取引先があるとかですね。

キッチンメーカーでも色々なキッチンメーカーがあると思います。

会社によって仕入れ総額が違うので仕入れ値が異なります。

ですから、工務店の得意なメーカーにするというのも一つの方法です。

そしてねもう一つのコスト抑える方法はDIYですね。

例えば壁紙をのところを塗り壁でやる場合自分で塗ってしまうという方法。

左官工事の人工が抑えられます。

タイルのアクセントなどを自分でネットで購入して貼り付けるとかですね。

照明器具とかであれば自分で取り付けるとかです。

施主支給という方法もありますけれども
取り付け費を取られてかえって高くついたりする場合もあるでしょう。

そして DIY は気を付けなければいけないのは
人によっては得意な人もいれば楽しい人もいれば
やって楽しくない人もいます。

下手な上に楽しくないってなっちゃうといけませんので
自分でできないと思ったら最初から
DIY は諦めた方が無難かもしれません。

リフォームをする時は相手に必ず優先順位を伝える

リフォームを計画するにあたって大事なのがまず予算に関わる
何がしたいか整理して自分で考えていくといこと

例えば発注される側になると何がしたいのかわからないと
見積もりもできないと言ったことになります。

内装のクロスだけ張り替えたいのか

キッチンを新しいものにしたい

お風呂は新しいものにしたい

トイレも新しいものにしたいとか

洗面台を変えたい

間取りを変更したいとか

壁をぶち抜いてスペースを一緒にしたいとかですね

あとはリビングを仕切りを増やして部屋を増やしたい

内装だけでクロスの張り替えだけでいいとか

レンガとか石を内装に貼りたい

照明計画を買いたいとか

何をしたいのか言ってもらえないと見積もりが出来ないかということ

そして全部やるのかこれだけやりたいとか
優先順位を決めておくでも大事になってきます

優先順位はキッチン・お風呂・洗面・トイレの順ですとか

キッチン・内装・間取りの変更・お風呂・トイレの順ですとか

予算を伝えた時に500万の予算であれば全部できます
トイレと洗面台を変えるのはちょっと難しいですよ
間取りの変更まではできないけどもクロスの張替え等
設備もこの予算内でできますと言ったことも
アナウンスしていただけると思います。

要望を伝えていくということをまず先に行って
コストもしっかり伝えるというのが大事になってきます 。




プロフィール

リフォーム主婦リコ:
自宅リフォームをきっかけにショールーム巡り、いろいろな設備が好きになりました。そしていろいろ調べるうちに、下手な設計士や営業マンより詳しくなってしまいました。各メーカーの努力がわかってうれしくなるんですよね。

ブックマーク