マンションリフォームで出来ること出来ないこと




マンションのリフォームについてできることできないことというのがあります。

できることなんですけれども壁紙の張り替えとかですね。
あとは内部の建具を取り替えることもできます。

それから設置ですね。キッチン、浴室、トイレの設備を変えることもできます。

一応変える場合パイプのスペースとか経路の問題があるので
場所を変えづらいという場合があります。

そういった場合は床をかさ上げすることがひつようになり、
リフォームの時に配管経路を確保しなければいけないという場合があります。

できないこと言うのが外部の手すりを邪魔だから取り払うとか変えるとかでもできません。

それから今ついているサッシを変えるのはできません。

内側にサッシを二重にしてつけるとかはできる場合があります。

床についてですが下の階に音が伝わるとかの問題で
なんでもやっていいということはありません。

管理的に問題ない仕様であればリフォームできる場合もあります。

玄関ドアとかそういった防火にかかわる部品は変えられません。

内装の方が変えられるけれども
外部ドア自体の変更は基本的には認められないということになります。

防火の関係上マンションは全体で申請してあるので
同等の性能を持ってないと勝手にリフォームできません。

部屋の中の内装とか設備がおかしくならない程度に
リフォームできると考えていただければいいと思います。




カテゴリー: キッチンリフォーム,マンションリフォーム,リフォーム 事例 | Tags: , ,




プロフィール

リフォーム主婦リコ:
自宅リフォームをきっかけにショールーム巡り、いろいろな設備が好きになりました。そしていろいろ調べるうちに、下手な設計士や営業マンより詳しくなってしまいました。各メーカーの努力がわかってうれしくなるんですよね。

ブックマーク