キッチンのリフォームの時には収納の検討も大事




キッチンのリフォームで重要になってくるのはキッチンの形状になってきます。

キッチンの形状は l 型とかL字型やコの字型やアイランドの形状となど色々あります。

又キッチンリフォームにおいてはには収納の計画も大事になってきます。
鍋とか食器などを収納して家電を隠すようにするとかですね。

ゴミ箱を隠すようにする場所も欲しいところです。

あとは電子レンジとかオーブンとかですね。

そういう家電調理器具を置く場所が必要になります。

炊飯器や電気ポットやコーヒーメーカー、ホットプレートやトースターなど
様々な物を置かなければいけないので
きれいに収納する必要が出てきます。


(キッチンのショールームでは収納もしっかり見る。)

きれいに収納することでインテリアデザインをした場合に
デザイン性も高まってインテリアも綺麗に見えます 。

キッチンのタイプは対面式キッチンが多いように感じますが
L 型のキッチンや壁に壁を向けてキッチンを配置するのも
ダイニングが広く使えるので人気があります。

また最近はキッチンの横にダイニングテーブルを配置する
直列型の配置も人気のスタイルのリフォームです。

リフォームする時はキッチンの配置をどのようにするのか
キッチンの形状をどのようにするのかをまず考えていきたいですね。




カテゴリー: キッチンリフォーム,リフォーム 事例,収納 リフォーム | Tags: , ,




プロフィール

リフォーム主婦リコ:
自宅リフォームをきっかけにショールーム巡り、いろいろな設備が好きになりました。そしていろいろ調べるうちに、下手な設計士や営業マンより詳しくなってしまいました。各メーカーの努力がわかってうれしくなるんですよね。

ブックマーク